フランス軍の名作パンツM47とM52はBIG SIZEで穿いてもカッコイイ

こんにちは。ヴィンテージミリタリーファッションが大好きなマサです。

YouTubeの人気チャンネルアニ散歩にハマったきっかけで、最近ヨーロッパの軍物にハマってます。

ASA

最近、お金使いすぎじゃないですか?
すいません。

MASA

怒られましたが気を取りなおして、、、。w

本日紹介するのはヨーロッパのミリタリーファッションデビューにオススメなフランス軍の超名作M47とM52というパンツです。

ほぼ同時に2本とも購入したのですが、

僕は2本とも自分に合ったマイサイズでは無く、敢えて35表記のビックサイズで穿いてます。

※理由は日本人体型に合うスモールサイズ(10番台表記と20番台表記)が高額すぎるから。w

M47に関しては、スモールサイズだと4万〜5万ぐらいします。

しかし、「敢えてビックサイズで穿いてもカッコ良いよ。」という事を僕なりのコーディネートで紹介して行きます。

フランス軍の軍服はオシャレ

さすがフランスと言いますかワーク服同様に軍服もオシャレな物が多いです。

フレンチワークと言えばグランパシャツやブルーのワークジャケットなとがあります。

元はフランス人の作業員が着る作業服ですが、アメリカの作業服であるLevisなどのような無骨さはなく、フレンチ服は上品でドレスっぽくハマるモノが多いですよね。

軍服もアメリカ軍やイギリス軍の物と違ってゴリゴリな戦闘服という感じがしません。

フランス軍の代表的な物をあげるとm38モーターサイクルコート、m35モーターサイクルジャケットがあります。

他の国と比べてもデザイン性も高く街着のオシャレ着として、現行の日本のブランド服との相性も非常に良くコーディネートしやすい。

そして、フランス軍のすごいところは上下フランス軍のモノとコーディネートを組んでもミリタリー感がそこまで出ないところです。

それをアメリカ軍の物でやったら完全に<コスプレになってしまいますからね。w

特にこれから紹介するm47とm52のパンツは、アメリカ軍や他の国の軍服と合わせても街着のコーディネートとして成立する優れものであります。

1本づつ持っておくと本当に便利なパンツです。

フランス軍M47パンツ

フレンチヴィンテージの超名作で、定番と言っても良いのがM47のミリタリーパンツ。

マルジェラのコレクションでこのM-47を裏返して着用したのは有名な話。

当時の縫製の正確さを世界中にアピールした事で更に注目が集まりました。

そのような理由からただでさえ希少になってしまったM-47

引用元: grower

現在、かなりの大人気でデッドストック&ゴールデンサイズの物(日本人体型に合うサイズ)になると6万台はくだらなくなってきている超希少なヴィンテージミリタリーです。

M-47は主に「前期」「後期」に分けられます。

細かい仕様の変化などは多々ございますが、大きく分けて「前期」は厚めのコットンツイル生地でトップボタンがダブル。

「後期」は50年代後半から生地がヘリンボーンに切り替わりトップボタンはシングルへと簡素化されます。

引用元: grower

僕が持っているのは前期型。

前期型はトップボタンが2つ。

生地はツイルコットンでモーターサイクルコートの様にゴワゴワと硬いですが、またそこが魅力的です。かなり丈夫な生地になっていて穿けば穿くほど味が出て来ます。

ミリタリー服らしく両サイドにデカイポケットが付いています。

裾にはアジャスターベルトが付いていて裾を絞る事ができますが、僕は使うことがないです。しかも僕は裾を折って穿いているのでアジャスターが見えなくなります。

元々、極太シルエットなのに僕は35という更にビックサイズで穿いてます。ウエストより少し上でベルトをギュッと絞ると、ストンと地面に落ちてくるシルエットがカッコいい。

マイサイズで穿くとカジュアルに穿けますが、わざとビックサイズで穿けば無骨なスタイルが完成します。

※デッドストックの状態から1回洗濯機で水洗いをして、高温で30分乾燥機にかけています。

太いので穿いた時の体感では変化が感じられませんが、全体的に約2cmほどの縮みが出ました。

表記35

ワンウォッシュ前の実寸
ウエスト 約47cm
わたり 約36cm
股上 約36cm
股下 約80cm
裾幅 約27cm
※素人平置き寸法です。
ワンウォッシュ後の実寸
ウエスト 約45cm
わたり 約33cm
股上 約34cm
股下 約78cm
裾幅 約25cm
※素人平置き寸法です。

M47パンツコーディネート

全てのコーデの靴はレッドウィング。インナーのカットソーは全てヘインズのTシャツです。

コーデ1
アウター:フレンチワークジャケット

コーデ2
アウター:アメリカ軍BDUジャケット

コーデ3
トップス:ロシア軍スリーピングシャツ

トップスも軍物と組んでも違和感なくコーディネートできます。

そして、M47は横から見たシルエットが凄まじくカッコ良いです。
両サイドに付いているデカポケットが物凄くカッコイイです。
デカイの財布やスマホも収納できて、とても便利ですよ。

フランス軍m52チノパン

M47に続き、1本持っているとマジで便利なミリタリーチノパンM52。

こちらも前期型、後期型が存在します。

M-52、若干の仕様の違いで大きく「前期」「後期」に分類されるのですが、今回入荷したのは「後期」の完全デッドストックです。

違いと言いましても、シルエット自体にさほど差がある訳ではなく、一番の違いはバックポケットの形状で、前期はボタンをストラップで留めるのに対し、後期は画像

のようにフラップ形に変更されています。

細かいところで言えば、ベルトループの太さやフロントボタンの数の違いなどがございますが、製造年代やコンストラクターによる微細な違いがある程度。

引用元: growe

僕が愛用しているのは後期型になります。

フロントは2タックになっており、若干テーパードがかかっていて穿いた時のシルエットも非常にキレイ。

お腹部分でベルトを絞りダボっと穿くと男らしくカッコイイです。

こちらもデッドストックで購入。

生地はコットン100%です。

1度洗濯機で水洗い→30分高温で乾燥機にかけました。こちらのパンツも全体に約2cm程縮んだかなという印象です。

表記35

ワンウォッシュ前の実寸
ウエスト 約47cm
わたり 約35cm
股上 約34cm
股下 約80cm
裾幅 約25cm
※素人平置き寸法です。
ワンウォッシュ後の実寸
ウエスト 約45cm
わたり 約32cm
股上 約32cm
股下 約76cm
裾幅 約23cm
※素人平置き寸法です。

m52パンツコーディネート

コーデ1.コーデ2も靴はレッドウィング。コーデ2.コーデ3の靴はナイキのスニーカです。
インナーのカットソーは全てヘインズのTシャツです。

コーデ1
アウター:ジャングルファティーグジャケット

コーデ2
アウター:Levis2nd

コーデ3
トップス:LMC

コーデ4
トップス:ヴィンテージ

コーデ5
アウター:ジャーナルスタンダード
このパンツは現行品の服との相性がとても良いのがとても魅力的です。

それに、年齢関係なく誰が穿いても似合う1本ではないでしょうか。

個人的にはTシャツ1枚にデニムジャケットや革ジャンを羽織るスタイルが好きです。

それからロンT1枚や、オンブレチェックシャツを羽織って、足元をスニーカーにすればスケータースタイルもできる万能パンツ。

最近このM52の黒染めパンツも流行っていて非常にカッコ良いです。

僕ももう一本買って黒染めしたいなと考えてます。

その時に、また紹介できたらなと思います。

購入したショップ

購入したショップは高円寺のヴィンテージミリタリーショップの名店militariaです。

M47が2万円弱。M52は1万中ぐらいの価格で購入しました。

militariaは名前の通り、ミリタリーに特化しているヴィンテージショップで状態の良いヨーロッパ物のレア物がもの凄くセレクトされたお店です。

ミリタリーファッション好きなら行けば必ず欲しい服が見つかる事間違いなし。

ブログとインスタも日々更新されているので定期的にチェックしてみて下さい。

YouTube人気チャンネルアニ散歩でも紹介されているので、気になる方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

最近、オンラインショップでの販売も開始されたようなので、そちらもチェックしてみて下さいね。
参考 militaria & encoremilitaria & encore powered by BASE

店舗情報

参考 militariaInstagram

まとめ


2本ともフレンチヴィンテージの定番で大人気なパンツです。

これからどんどん数も減っていき、価格も更に高騰して行く事でしょう。今でさえ、日本人に合うサイズはエゲツなく高額です。

ビックサイズでも、穿くとかなりカッコいいですし、このサイズであれば、まだ2万円台、運が良ければそれ以下で購入可能ですよ。

手の届く値段のうちに購入を考えてみては如何でしょうか。

どちらも1本持っておくと、かなり使えるパンツです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください