スタイリッシュな迷彩柄「イギリス軍のDPMカモパンツ」をレビュー

ミリタリーファッション好きのMASAです。

前回同様、本日も軍モノの迷彩柄パンツを紹介します。

今回するのは、イギリス軍の「DPMカモパンツ」

他国軍のカモ柄よりスタイリッシュでスゴくカッコいいパンツです。

僕のコーディネートと共に紹介してみます。

イギリス軍DPMカモとは

DPMは”Disruptive Pattern Material”の略になり、「混乱させるパターン生地」という意味になります。1960年代初頭にイギリスで発明された迷彩パターンになり、当初はイギリス軍の特殊部隊が使用し、1968年にが英軍の標準迷彩として採用されます。
引用元:ミリレポミリレポ

とても評価の高い迷彩柄で他国軍がイギリス軍のDPMカモを採用して使用する事もあるそうです。

僕が愛用しているイギリス軍のDPMは90年代表記。
まだまだヴィンテージとは呼べないので購入価格も6800円と価格も良心的でした。

タグ表記は75/76/92 ウエスト約37cm 股上約32cm 股下約71cm ※素人採寸です。

S〜Mサイズと言ったところでしょうか。
※ちなみに僕の体型は身長168cm体重58kg(最近増量中)でジャストサイズです。

生地は厚手の高密度なコットンタイプ。少し光沢感があります。カラーは、グリーン、カーキ、ブラック、ブラウンの4色が使われた迷彩柄。

MASA

生地が厚いので真夏に着用するには若干暑いです。春先と秋冬に最適なパンツですね。

英国軍のモノは全般的に他国のモノよりスタイリッシュで街着として着用しやすいかと個人的に思っています。

このDPMカモもそう思います。

型はストレート。基本的な軍モノのカタチです。

両サイドに便利なカーゴポケットが二つ。

何故かバックポケットはありません。


ウエスト部分にはボタンで取り外し可能なベルトループが6つ。ベルトいらずのアジャスターが2つ。

更にベルトいらずのドローコードが付いています。これがスゴくラクでありがたい。

そして、裾部分にもドローコードが付いていたのですが、僕には必要ないので外しました。

動きやすく生地もしっかりしていて、ドローコードで丈の長さを調整できるのでスケーターの方にも最適なパンツかと思います。

以上、DPMの紹介です。それでは次はコーディネートの紹介をしてみます。

DPMカモパンツのコーディネート

パンツに存在があるので、コーディネートはパンツを主役にトップスはシンプルにプルオーバーのグランパシャツとスリーピングシャツで組んでみました。

コーデ1トップス:ロシア軍
靴:イギリス軍

コーデ2トップス:ロシア軍黒染め
靴:イギリス軍

コーデ3トップス:古着
靴:レッドウィング

コーデ4トップス:古着
靴:イギリス軍

コーディネートの主役になるイギリス軍のDPMカモパンツ。一本持っておくと本当に便利です。

価格帯も手に入れやすいので高騰する前に手に入れてみてはいかがでしょうか?

本当にカッコよくて超オススメです。

購入したショップ


購入したショップは千駄ヶ谷にあるcouncil Flat1

このショップはファッションスタイリストの馬場圭介氏がオーナーを務めるUK古着に特化したショップになります。


ロックT、ライダース、ドクターマーチンなどのパンクファッションアイテム、バブアー、バーバリー、そしてイギリスの軍モノが充実しています。

MASA

見事に店内はイギリス物だらけです。とくにヴィンテージのライダースが超カッコイイ。

ロック、パンク好き、イギリスブランド好きな方にオススメするヴィンテージショップです。

あの人気YouTubeチャンネル東京古着日和で光石研さんが訪れてイギリスのスカーフブランドtootalを大人買いした事でも有名です。

イギリスファッション好きな方、ぜひ1度足を運んでみてください。ここでしか手に入らなお宝と出会えるはずです。

店舗情報(GoogleMap)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください